spiel'09 プレス日

まずはカンファレンス この日はプレス用の日で、ブースは設営中です。
大メーカーの看板を背負ったトラックが会場中庭に多数止まっていました。
会場の2階に発表ホールと新作展示ルームがあり、初日はここがメインです。
発表ホールでは11時からカンファレンス。
エッセンシュピール09についての情報やゲームの紹介などがありました。
(ドイツ語なので、スクリーンの絵でしか判断できず)
 その後、新作展示ルームにて新しいゲームの発表会。
小さめの部屋3つを使い、各社の新作ゲームが紹介されています。
テーブルにゲームが並べられ、担当者が説明するという仕組みですが、ゲームの作者が説明をしているケースもありました。ちなみに、2F Spielのフリーゼ氏は髪の毛も着ている服も緑色でした。
展示ルームに入ると、TVカメラや取材の記者など、すごい人だかりです。

各社新作のアピール 入ってすぐ目立ったのはコスモスやハンスといった有名メーカー。
ゲームのイメージにあわせた衣装を着た人が説明をしています。
また、ハリガリはサンバの格好のお姉さん。
ゴールドジーバーはナースとピザ屋のお姉さんが目立っていました。
そしてなんといっても凄かったのは、ザ・ゲームマスターのオペラの商品説明。
本当にオペラをそこでやっています。
男女とピアノ演奏者(アップライトピアノを設置)という構成です。
入って左の部屋に行くと、余り名の知れていないメーカーが机にゲームを広げ、説明しています。
右の部屋に行くと、HABAの新作がずらっと並べられており、部屋の奥では布キャッチボール(?)をしています。
これも商品紹介の一部で、ランチョンマットほどの布でボールを受け、広げるとボールを飛ばせるというものです。 大メーカーの力の入れっぷりと、中小メーカーの「ゲームが見せられればOK」というざっくり感。
会社によってはテーブルの上に直接ゲームを並べておいてあるだけ、というところも結構ありました。
大小様々なメーカーが入り乱れ、市場として確立している感じがしました。
後に紹介しますが、一般日も含めて「ある程度の規模がないと門前払い」という雰囲気は全くありません。
子供向けもマニア向けも含め「ゲームのイベント」という共通点で集まっている会場だということを改めて認識しました。

設営中のブースも見所 その後、まだ設営途中のブースを見て回りました。
夜にあるドイツゲーム賞の授賞式は参加しませんでしたが、軽く紹介します。
1位:ドミニオン カードを獲得してコンボを作っていくデッキ構築ゲーム。
やたらシャッフルするのでカードが痛みやすいですが、戦略の幅と運要素の絶妙さがポイントです。
2位:ル・アーブル 資産を集めて建物を建てて、という構築系ゲーム。
船の移動による獲得の分散が違った展開を生み出します。
3位:パンデミック 全員協力のパニック対応ゲーム。
あちこちで同時発生した4つの病原体に対し、世界を飛び回って対処して行きます。


ということで、次はいよいよエッセンシュピール本編に入ります。